2006年06月30日

ティファニーちゃん&タイガー君とランチ

舞浜のドックランに行ってきました。
DSCF6,291.JPG
めちゃめちゃ暑かった〜晴れ
DSCF6,292.JPG
仲良くバケツに顔つっこんで。。。
お水ごくごくたらーっ(汗)
DSCF6,293.JPG
ティアラも暑そうだけど、楽しそう^^
DSCF6,294.JPG
網の向こうに何か見えるの?
ポポとティアラ2人でじっと向こうをのぞいています目
DSCF6,295.JPG
今日はなんと!
久しぶりにティファニーちゃんとタイガー君も来てくれました。
DSCF6,296.JPG
タイガー君、すっごく立派になって!
DSCF6,297.JPG
ポポ、びっくりしたのか?
タイガー君に「ワンワン!」って。
驚かせてしまいました。
ごめんね、タイガー君顔(汗)
DSCF6,298.JPG
あまりに暑かったので、
すぐお台場へ移動し、ランチを。
T&Tちゃんは、すっかり慣れてるから、
おりこうさんでした。
DSCF6,299.JPG
ティアラもちょっとの間、落ち着かなかったけど、
すぐおりこうさんに。
エトちゃんはTmaさんにおねだりしてました。
DSCF6,2910.JPG
その後みんなそろってお写真パチぴかぴか(新しい)
DSCF6,2911.JPG
あいかわらず、ティファニーちゃんの女の子らしい甘え方が
かわいくてかわいくて揺れるハート
タイガー君はとってもりりしくて。
暑い夏は、「ラン」じゃなくて、「ランチ」だけでもいいなあ喫茶店
なんちゃって!
暑かったけど、楽しかったね。

ニックネーム michirun at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

ビーフジャーキー???

ティアラがきてから、
おやつタイムが増えた。
3人のテンションが一番グッド(上向き矢印)時間。
3人ともジャーキーが大好き♪
息子が人間用のビーフジャーキーを食べていた。
どこからともなく、臭いにかぎつけて集まるお三人(笑
「これは食べられないよ〜ワンちゃん用じゃないからね」
と、言いながらシールをぺたり。
ビーフジャーキー.jpg
エトちゃんの額に、シールを。
ひどい!大事なエトちゃんのお顔にいたずらするなあちっ(怒った顔)
こんないたずらをされるのはいつも、決まってエト。
家族の誰一人として、ポポに何かをする者はいない。
おそれおおくて。。。みたいなオーラがあるらしい!?
もちろんティアラにもやろうとする人はいない。
なぜ?エトだけが???
けっこう、本人も楽しんでいるようだ?
「ねえ、ねえ…私、どんな顔してるの?目みせてみせて!」
みたいな、エトちゃん。
そんなキャラをもつエトちゃん。
みんなの人気者!
あなたは、とってもかわいいです。
ニックネーム michirun at 08:45| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

HAPPY BIRTHDAY ポポ

DSCFポポBDc.JPG
6月9日ポポは4歳のお誕生日を迎えました。
いろいろあって、本日家族揃って、
ポポのお誕生日会を開きました〜!!
DSCFポポBD4.JPG
ケーキ大好きポポのために、
ママはがんばって「スペシャルポポケーキ」作っちゃいました〜
もちろん、エトも一緒です。
DSCF6,11.JPG
このケーキを、全部食べさせるわけにはいかないから、
写真とった後は、ポポたち専用に用意した、別のケーキを
ペロリとたいらげていました。
そして、こちらは家族みんなでわけて食べました。
あっという間に4歳になりました。
おとなしくて、おりこうさんのポポ。
いつまでも、いつまでも元気でいてくれますように。

ニックネーム michirun at 22:16| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティアラのブログはお引越ししました

ティアラの専用ブログ
「今日のティアラ」
新規作成しました。
こちらへお願いします。

ニックネーム michirun at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

今日のティアラ6.10(土)

今朝、先生から電話あり、
以前から気になっていた、右手のひじの辺りの腫れていた所、
そこが膿んでしまい、そこを自分で噛んでしまったらしい。
きっと痛くて我慢できなかたのかな?
本日、切開をして、中の膿をだしてくれたそうです。

傷は痛々しかったけど、
すっきり痛みも取れた様子で、
面会に行ったら、今日が一番元気!!
ケージから出してあげると、スタスタと早足で、歩き出しました。
びっくりしました。

ただ、傷をなめるといけないので、
エリザベスカラーをはめていました。
DSCFエリザベス.JPG
ごはんもしっかり食べているそうです。

傷が治るまで、退院は待ったほうがいいそうですので、
もうしばらく、病院で見ていただくことになりました。

ニックネーム michirun at 19:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

今日のティアラ

写真撮ってきました
すっきりきれいになったティアラです。
DSCF6、9.JPG
今日は、ラティままさんが一緒に行ってくれました。
ラティママさんいわく、
ティアラは、そんなに小さくないらしい???
私の思い込みか?
うん、そういわれてみれば、手足も長いし。。。

今日は、ちょうど朝ごはんの時間に行きました。
半分くらい残していたみたいだけど、
扉を開けて、
「おはよう〜」
っておこして、ごはんのこってるよってお皿を顔のところに置いたら、
パクパク食べ始めました。
食欲はあるみたいです。
そのまま、ケージから出してあげるとよろよろしながらも、歩き出し外でおしっこをしてました。
カルテによると、「セレクト缶」ドライ←大嫌い
というメモがあり、ドライを食べなくなってしまったようです。
きっとおいしい味をしってしまい、ちょっと贅沢さんになっちゃったのかな?
まあ今は栄養をつけることが一番なので、できるだけよいフードを食べてもらいましょう。
帰ってきたら、ごはん大変だなあ。。。なんちゃって。
あっ、それから歯が1本抜けていました。
ビニール袋にいれて、カルテに貼り付けてありました。
みると、歯石がいっぱいでボロボロです。
この歯では、ドライは大変かもしれません。
明日、退院予定なのですが、今現在未定という感じです。
また、はっきり決まりましたらお知らせいたします。
みなさん、ご心配おかけして申し訳ありません。
みなさんの温かいお言葉に心から感謝しております。

今日、考えているんですが、
このブログはもともとポポ&エトの日記だったので、
そろそろ本格的にティアラの様子をお知らせする為に、
別のブログを立ち上げようと検討中です。
お引越ししましたらまたお知らせいたします。
ニックネーム michirun at 19:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

面会 今日のティアラ

夕方、病院へ行ってきました。
以前、収容されていたところよりも、
すっきり!広々してる犬舎で寝てました。
人も中に余裕で入れる広さです。
やはり、「ティアラ〜」って名前を呼んでも動きません。
本当の名前はなんだったんだろう?
気に入ってくれたかな?

先生が犬舎から出してくれて、少し歩こうかと思ったんですが、ブルブル震えていて、まるでバンビが生まれて初めて立ち上がったときのようでした。
毛玉だらけの身体は、すっきりきれいになって、ミニチュアピンシャーのような感じ。ごめんなさい、カメラ忘れていってしまい、写真撮れませんでした。
立ち上がっても、身体が斜めになっていて、倒れそうだったので、かわいそうだから、また犬舎の中でやすませてあげることにしました。
昨日は、検査やらトリミングなどで、かなり疲れてしまってるのかもしれません。ごめんね、もう痛いことしないからね、安心してね。

夕べと、今朝のごはんはしっかり食べたそうですが、
夕方のごはんは、食べてなかったです。。。心配です。

先生から、説明で。
前足のひじの部分にできてるこぶは、腫瘍ではなさそうだが、
もしかしたら、関節の病気のせいで、膨らんでいるのかも?
そのせいか、手の先に麻痺を感じます。
レントゲンを撮って検査したいのですが、かたくなに嫌がるので、
無理して横にすると、細いお手手の骨が折れる可能性があるということで、
できれば、麻酔をうって、検査したいということでした。

あと、心臓の弁に異常があるため、雑音がするそうです。
いずれ、何年かして、お薬投与が必要になるかもしれません。
耳は、外耳炎ではなく耳ダニがいたので、治療に時間がかかりそうです。
予定では、今度の土曜日に退院できるということなんですが。。。

昨日も、我が家の家族はみんな、待っていたようで、
私一人が、帰宅したため、とてもがっかりしてました。
はやく、
帰れるといいね〜

明日は、
AFGHAN HOUND WebRingのラティままさんも、会いに来てくれるそうです。
少しでも、元気な姿見せてくれるといいね。
がんばれ!ティアラ
ニックネーム michirun at 23:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追記

おはようございます。
昨日は、極度の疲労感ふらふらと安堵感わーい(嬉しい顔)とその他いろいろの為、
ざっと、一日を記載するのが精一杯で、
少々、書き足りないこともあったので、
追加します。

体重。。。12Kg
これには、ショックでした。
でも、しばらくすれば15Kgくらいにはなるのでは?
ということでした。
ごはんも、特別な物ではなく、普通にうちの2人と同じものでいいということですエサ

それから、推定年齢は8歳〜10歳、
そのわりには、とてもチャーミングなお顔ですかわいい

書き忘れた検査として、ALB2.2、ALKP52、ALT34、AMYL799、BUN14、Ca8.8、CHOL130、CREA1.1、GLU103、NH3 10、TBIL0.1、TP6.7、GLOB4.5
これらの検査を行いました。
これだけ見ては、私には何がなんだか?
まったくわかりませんが、とにかくこの中で異常が見られるのは、
ALB(飢餓)とGLOB(炎症)だそうです。

夕べは、家族みんなが、どんな子だろうと期待して待っていました。
入院ということで、とても残念がっていました。
ここでブログに記載してる間も、
状態は、どうなの?とかいろいろうるさくて、大変でした(笑
とりあえず、みんなホッとしています。

こんなに、想像以上に元気だった子。。。
助け出すことができて、本当によかったるんるん
なんの病気もないのに、そのまま致死処分へだなんて、
それは絶対間違ってます!!
なにもしてないのに、くじ引きで死刑が当ってしまうようなもんですよね?

こんなまちがってることが、世の中から少しでもなくなりますように。

大事なこと、忘れてました〜かわいい
お名前ですが
「ティアラ」に決まりましたぴかぴか(新しい)
初めて写真を見たときに思いついた名前。
小さくてチャーミングなかわいい子に。
はやくこんなかわいい子になって欲しいと思います。
よろしくお願いします。

ニックネーム michirun at 07:34| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

無事に救出しました。

午後4時、世田谷の保護センターにて、
ラブラドールのレスキュー団体ハッピーラブズの方のご協力により、
無事に救出することができました。
とても親切な方で、これからもお力になってくださるということで、
またまた心強い見方ができました^^

センターの犬舎から出るときは、
すっごい拒否反応をしていて、地面にへばりついて嫌がっていたんですが、
なんとか、お外まで連れて行くことができました。
すると。。。
きょろきょろしながらも辺りをウロウロ。
「シャバの空気はうまいな〜」
みたいな感じで、外の風を感じていたようです。犬(笑)

今日は朝から、ちょこっとお座りしたり、センターの係りの方に
スリスリ甘えたり姿もみられたそうです。
なんとなく、人に慣れてきたみたいです。

思っていたよりも元気を取り戻していました。
帰りに、コンビニでワンちゃん用のささみを買って1つあげたら
小さなお手手で握り締めてパクパクっと食べてしまいました。ホネ

そのまま、病院へ行き、
受付で事情を話し、歩くのがやっとなので、連れてくるのに時間がかかりそうですって言ったら、先生が車までお迎えに来てくれました。
思いのほか、トコトコと歩いて行くことができ、
先生も驚いていました。

すべての検査をしていただきました。

WBC 白血球  228H     (60〜170)
RBC 赤血球  720      (550〜850)
HGB ヘモグロビン 17.7   (12〜18)
HCT ヘマトクりット値 48.0%(40〜55)
MCV 平均赤血球容積 66.7  (66〜77)
MCH 平均赤血球
     ヘモグロビン量24.6H (19.5〜24.5)
MCHC平均赤血球
     ヘモグロビン濃度36.9H(32〜36)
PLT 血小板  53.9H    (17.5〜75.0)
            (  )内は平常値

Na 146mEqД  (145〜158)
K  4.1mEqД  (3.6〜5.8)
Cl 115mEqД  (105〜122)

極度の栄養失調であるが、なんとかなる。
白血球が高いのは、身体の数箇所に腫瘍があるためだと思う、
でも、悪性かどうかは、検査しなくてはわからないが、
おそらく、悪性ではないだろう。。。
フィラリア検査は、異常なし(ほっ)
でも、少々心臓の音が荒い。
他の所見では、お耳が外耳炎、目の上に小さな赤い腫瘍(悪性ではなさそう)
しっぽの一部にできもの。ひじの所に腫瘍のようなものがあるが、硬いところに寝ていたせいでのタコかもしれない(詳しくは、細胞を採って検査してくれる)他、緑内障。眼圧が少し。。。?便の検査も異常なし。
などなど、ですが、命に別状なし!

なんてラッキーな子なんでしょう。
先生のお話だと体力は1ヶ月くらいでもどるのでは。。。?

とりあえず、大事をとって、入院させることになりました。
身体は、きれいに丸刈りにしてもらい、洗ってもらいました。

私の想像ですが、飼い主さんから捨てられた後、
ホームレスの人に飼われていたのではないかと。。。
体臭がものすごく、そのようなにおいがしてました。

今日は、こんな感じです。
ご心配して下ったたくさんの方々、
本当は、一人一人にお伝えしたいのですが、
ごめんなさい、都合により、今日はこちらに記載させていただきます。

明日も、面会にいきますので追ってお知らせいたします。

本当にみなさんありがとうございます。




ニックネーム michirun at 23:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご報告

保護されていたアフガンを本日お迎えに行くことと決定しました。
DSCF0011.JPG
昨日、面会に行ったのですが、
やはり想像以上に衰弱してまして、
かなりひどい状態でした。
正直、あのようなワンちゃんを見たのは初めて。
大変なショックを受けました。

収容所にはたくさんのワンちゃんがいて、
流行の犬種もたくさんいました。
なぜ、この子達が、ここにいるのか?
私には理解できません。
どの子もみんなもとの飼い主さんを待っていました。

そんな中、背中を丸めて我かんせずと、一人小さくなっているのがこの子でした。
ケージの扉を開けて、
「おいで〜」
といっても、かたくなに中で小さく固まっている体。
無理やりセンターの方が引っぱり出してくれたんですが、
すぐにペタンと力なくその場に伏せてしまうんです。

その身体はとても小さく、体中が毛玉になっていて、
背骨、腰骨、しっぽの骨、全ての一つ一つが見えてしまっているガリガリの身体。
手を触れたら壊れてしまいそうな。。。
そっと、そっと抱き寄せて、
「お顔見せて。。。」
とても迷惑そうにそっぽ向いてる。
「お口見せてね〜」って口の中をみせてもらっても、
ほとんど無反応。

この時点で、かなり不安でした。
この子は私にこころを許してくれるのか?
1時間くらい、この場所で一緒に様子をみました。
ほとんど動くことなくいたのですが、よろよろと歩き出し、
おしっことう○ちを。

帰り際に、写真を撮っていいですか?と許可を得て、
カメラを出そうと、Bagから出そうとしてたら、
そっと近づいてきて、顔を寄せてきた。
たぶん、おやつかごはんをもらえると思ったみたい。
食欲はとてもあるということで、ごはんは全部食べてるそうです。

写真撮って帰る頃は、私のことを目で追ってくれるようになり、
少し慣れてくれたみたい。

本日最終日は、他の団体の方も面会に来て下さるということで、
私は、担当の方に
「できる限り団体の方にお願いしたいと思います、
でも、万が一どうしてもダメな場合は私が引き取らせていただきたいと思います」
と言ってきました。
正直な気持ち、助けてあげたいと言う気持ちはもちろんですが、この時点で私はこの子を助けてあげられる自信は0%でした。
なぜ、そんな言葉が口から出てくるのか、どうして無理ですって言えないのか?って思いながらも、この子の前では、言えなかった。
嘘をついている自分がいた。
「バイバイ」って言って、その部屋を出るときも
その子は全く期待してない様子で硬く丸くなっていた。

帰りの車の中でこれから、どうしたらいいんだろう?
どうなるんだろう?って悩んだ。
団体の方があの子を助けてくれるだろうか?
いや、無理だろうな?じゃあどうなるの?私にできるの?
どう考えても難しい問題だったので、
まっいいか!なんとかなってから考えよう!
と、いつものお気楽な自分になって、帰ってきた。

帰りに動物病院へより、先生に相談した。
現状を全て話し、
この子の為に、どうすべきか?
「私はこの子を助けてあげたいのですが、この子の最期には立ち会いたくないのです、わがままかもしれませんが、それが怖くて自分で決められないのです。お医者様の目からみて、この子にとって、このままにしたほうがいいのか?どう思いますか?」
すると、
「この子は生きたいと願ってる、たとえ寿命が間近だとしても、このまま死を選ばなくてはならない理由はないでしょ。
誰にでも最期の時はいつか来るもの、
その子にとって、家庭でゆっくりのんびり過ごせる、その時をどんな風に迎えるかが大事なんじゃないかな。。。
それをしてあげるということが一番大事なことなんじゃないかな。」

私の背中をポンと押してくれたような言葉だった。
先生もできる限り協力してくださると言うことで、心強い。
私自身は決心がついた。

自宅にもどり、しばらくするとセンターから電話あり、
やはり、だなたも引き取ってくれないと言うことでした。
「ごめんなさい、先ほどは私が面倒を見るって言ったのですが、
私も最終的に家族から許可をもらってないので。。。困っています」
ってことで、今夜家族に話して明日、朝一で返事をするお約束。

まず、主人の母。
きっぱり反対、私にこれ以上負担がかかったら、この家がみんなダメになるから、今辛くても断りなさい。。。と
主人が帰ってきて、話そうと思ったけど、なかなか言いづらい。
「今日、行って来たんでしょ?」って向こうから言い出してくれた。
現状を話しながら、たぶん無理だと思い、悲しくてポロポロ涙がこぼれると、
「そうやって、すぐメソメソしたり落ち込んだり、そんな風になるんだったらやめナ。そんなんじゃ、面倒なんて見れるわけがない。しっかりしなくちゃ。
最初に言っとくけど、俺は面倒はみないよ。
ただ、かわいがるだけだよ。2人も3人も同じだ〜
身体も小さいならいいじゃん、ミニチュアアフガンか?
3色になるね〜」
って言ってくれた。
すっごくうれしかった、うれしくてまたポロポロ。

ネットのお友達、basilさんをはじめ、Tmaさん、ラティままさんも応援してくれて東京都認定のレスキュー団体の方もお手伝いしてくださると言うことで翌日、お迎えに行くことが決まりました。

は〜、長々と読んでくださってありがとう。
またまた私は素敵な皆さんのおかげで助けてもらうこととなりました。
これからが大変ですができる限り、この子が元気になるように、がんばろうと思っています。





ニックネーム michirun at 08:38| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

迷子犬

TOPにお知らせしてます、
足立区大谷田で保護されたアフガン。
土日は問い合わせできない為、
今朝、早速行ってきました。
昨日は地元の友達に協力してもらい、近所の聞き込みをしてきました。
が、やはりこの近所には茶色のアフはいないと。
たしかに、この犬種はめずらしいので、
もしいたのなら、私も一度はお目にかかってるはず。

で、保護されてる所にとりあえず行ってみようと探した。
どうしても場所がわからず、電話で問い合わせしたら、
ここではなく、収容されてるのは世田谷だそうで。
またまた慌てすぎ、失敗でした。

その電話にて、担当の方とお話したところ、
飼い主さんだったら、無条件で引き出しできると。
また、講習会をうけて、資格を持ってるレスキューの人だったら
一時預かりも可。
私は、ただただ心配でなんとかしてあげたいだけ。。。
そういうのは認められないらしい。

でも、粘って粘って、3人目の担当者の方とお話したら、
「あなたがこの子を最期まで面倒見るとお約束していただけるなら、
許可しますが、いずれ、里親さがしとかをなさる予定でしたら、無理です。
それに、ご存知かと思いますが、ワンちゃんを最期までみるということは、
あなたにとっても大変な負担となるんですよ、わんちゃん一人にたいして、だいたい500万円かかるんですよ、今、この迷子の子をかわいそうだという気持ちだけであなたにそこまでできますか?」
と、永遠お話された。

たしかに、担当者の方のいうことは、正しい。
それに、世の中にはこの子みたいなかわいそうな子達がたくさんいるのだ。
それらの子たちをみんな助けることができるのか?
それはとうてい無理な話。
もう、辛くて辛くて、道路の端っこに車とめて電話してたんだけど、
涙が止まらなくなってしまい話ができなくて、
とりあえず、明日までにじっくり考えてまたお電話させていただきことにしました。

その子はどうもこの近くの子ではないらしい。
かなり長い時間さまよっていたらしく、
身も心もボロボロになってヨロヨロと歩いているところを
保護されたらしい。
緑のバンダナをしてたというが、それは放浪してる間に誰かがいたずらでつけた様なへんな布だったと。
収容所の中でずっと一日中寝たまんまらしい。
いったい、誰が手放したんだろう?

この子は今、
狭いケージの中で、静かにそっと自分の最期の時を待ってるんだろうか。
どうして、どうしてそんな悲しい思いをさせなければならないんだろう。
もしかしたら、どこかすっごく痛いところがあって、
それでもじっと我慢してるんじゃないかな、
少なくとも、心の傷がしみて、泣きたい気持ちをがまんしてるんじゃないかな?
それでずっと眠ったままなんじゃないかな?
瞳をとじて、せめて夢の中だけでは楽しかった時を一人思ってるんじゃないかな。
うちに来て、最期の時まで少しだけでも、ゆっくりお散歩したり、眠ったり、
普通のドックフードだけど食べたいだけ食べて、そんな風に時間をすごさせてあげたい。
ポポとエトはとってもやさしいから、いじめたりしないよ、きっとね。
なんて、そんなことを思いながら家に帰ってきた。

それから、主人に全てを話した。
友達にも相談した。

今、助けてあげることはできるかもしれない、
でもその子を最期までみるということは、またあの辛い時を、まもなく迎えなければならない。そのこにとってもうちに来ることが一番いいことなのかもわからない。
その子を面倒見ることによってポポとエトが寂しいおもいをするかもしれないし、世の中には、かわいそうな子はたくさんいる、
その子たちをみんな助けることはできないんだ。

もうもうもう!!
みんなわかってること、理解はできること。
それなのに、なにもできないでここに私がいることが辛い。




ニックネーム michirun at 22:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

おやつタイム

ロールケーキを焼いて、妹の家にお土産に持っていこうと思った。
こんな時、ハンドミキサーの音がしただけで、
すかさず、キッチンにきて、
後ろからじっと見守るエト
DSCF621.JPG
2つ作ったんだけど、1個は生地が厚すぎて失敗。
これは2人のおやつに。
DSCF622.JPG
わ〜い犬(笑)これ食べていいの〜?グッド(上向き矢印)
DSCF623.JPG
いっぺんに全部はダメだから、
少しずつ、仲良く食べようねるんるん
DSCF624.JPG
ニックネーム michirun at 15:16| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

水元公園へ

昨日は晴れめっちゃ暑かった〜
今日は過ごしやすいお天気なので、今日行けばよかった〜
と少々後悔ふらふら
6月に入り、菖蒲の花の季節です。
今日から菖蒲祭りが行われているということで
行って来ました、水元公園へ。
できるだけ、日陰を歩こうと、川沿いの森の中を。
奥の方に「バードサンクチュアリ」
といって、自然の鳥を観察できるとこがあるんですね。
その様子を、小窓から小鳥見ることができます。
好奇心旺盛のエトは、興味津々
のぞいています目
DSCF6,1,3.JPG
こんなふうに広々してる所にいろんな鳥がいました。
DSCF6,1,4.JPG
そして、かわぐち隊長?のように、森の中みたいな道を進んでいって
やっとたどり着いた〜
菖蒲の池。
今日は暑いせいか、やたら長い道のりと感じられました。
DSCF6,1,2.JPG
せっかく暑い中きたわりには、あんまり咲いてなくてバッド(下向き矢印)
DSCF6,1,1.JPG
二人にとっては、リードで引っ張られながら、
ほぼ無理やり。。。って感じで、ちょっと迷惑そうたらーっ(汗)
でも、写真撮る時は、お決まりの
「スマイルエトちゃん」るんるん
ニックネーム michirun at 12:08| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする