2006年12月30日

ポポ無事抜糸

今日、抜糸に病院行ってきました。
しっぽの方は、やはりまだ傷が治ってなくて、
もう一度、お薬つけてもらってテーピングしなおしてもらいました。
2006_1230003しっぽ.JPG
smleマークのかわいい揺れるハート包帯です
お腹の方は、すっかりきれいに治っていました。
10日間着ていた、腹帯もさっぱりとはずしてもらえて、よかったね^^
やはり、毛玉になっていました犬(泣)(泣
おうちに帰って、ブラシでとかしてあげましたら、
あら、不思議!ぴかぴか(新しい)
15分くらいで、すっかりきれいにとれました。
ポポはもともと毛玉が一個もなかったから、
さらさら、毛の量も少なめだからでしょうかね?
ホッと一安心です。わーい(嬉しい顔)
エトも付きそいで病院へ行き、車(セダン)の中で待っててくれたから、
2人とも、すっかり疲れたようで、
寄り添ってすやすやねんね。眠い(睡眠)
2006_12300019.JPG

ニックネーム michirun at 21:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

今年もあとわずか。。。

あと、2日で今年も終わりです。あっという間の1年でした。

今日は、風がとてもつよく、めちゃめちゃ寒い1日でした。
ちょこっと出かける用事があり支度をしてると、
すかさずポポ&エトは玄関に先回りをして、一緒に行こうと待ち構えてます。
でも、こんな寒い日はおうちでいい子に留守番していて欲しいのですよ。。。
「早く帰ってくるから待っててね」
おやつのジャーキーを置いて、慌てて出かけるが、
それでもすぐに玄関に走ってくる二人。
今日はそんな中、後ろ髪引かれながら、二人をおいて買い物へ行って来ました。
本当は今日、どうしても行きたいところが別にあった私。
その気持ちを抑えるために友達にお付き合いいただいて、
買い物へ行ってきました。

昨日リコママさんのブログを見て、
ティアラの具合があまりよくないらしい。。。すごく心配です。
今すぐにでもお見舞いに行きたいと思ってたのです。
年内にティアラに会いに行きたかったのです。
明日、ほんの一目でもいいから会いに行きたい。
でも突然行くのはご迷惑だよね。。。って
こんな年末に突然伺ったら、非常識だよね。。。
一晩中、考えてた。
「でも、1日も早くティアラに会いたい。
なんでもっと早く行けなかったんだろう。。。」って。

私が行ったからといって、何が出来るというわけでもないけど、
ちょっと前、見違えるように元気になったティアラの様子をネットでみて、
ぜったい、この目でその姿を見たい。と思った。
りこままさんのおうちで、楽しそうにみんなで暮らしてるティアラに会いたかったのです。

今年、年内中に行けなかったことを大変後悔してる。
来年、ぜったい一番に会いに行きたい。
春になって暖かくなったら、楽しそうに走る姿をぜひ見たい。

これが、今年の反省と来年の抱負(希望)です。





ニックネーム michirun at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ポポもたまには。。。

エトの前髪を結んであげてたら、
片方の髪留めをポポがくわえて持ってきた。
「ぽぽちゃんも付けてみる〜?」
久しぶりにポポの前髪を結んであげた。
きゃ〜かわいい〜!!
ポポちゃん、かわいいよ〜!!(親ばかですみません)
2006_1226popoeto0036.JPG
ニックネーム michirun at 16:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ポポ&エトのクリスマス

ポポエトちゃんもクリスマスクリスマス
先日いただいた、犬用のケーキバースデー
キャンドルも飾って。。。犬(笑)
エトちゃんはお行儀がいいですね。
ケーキが欲しくてたまらないから、すっごくいい子にしています^^
2006_1225クリスマス0011.JPG
生クリーム好きのポポちゃん、
じっくり味わっていただきます。
2006_1225クリスマス0023.JPG
ぺろりぺろりと、静かに食べるポポ。
その横であっという間に平らげるエト。
エトは食べるのに夢中になり、キャンドルで耳の毛が燃えてしまったがく〜(落胆した顔)
2006_1225クリスマス0022p2.JPG
きれいに食べて、ポポの分までおねだりするエト犬(笑)
2006_1225クリスマス0025e1.JPG

ニックネーム michirun at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メリークリスマス

みなさん、どんなクリスマスお過ごしでしょうか?
素敵なクリスマスお過ごしのことと思います。

先日、かなり凹んでしまったランでの出来事、
先週、ケガをしてしまったサルーキーの子の傷もすっかりよくなり、抜糸も無事終わって、私は病院への治療費の振込みも完了しました^^
ホッと一安心。すると…
翌日、飼い主の奥様から電話があったのです。
傷が完治したのと、先日私がお詫びに(義理で)送った
ちょっとしたお菓子の御礼でした。
奥様は、
「本当に今回は申し訳なかった、こんなに犬のことを理解してくださるやさしい方には初めてお会いしました。とても温かい気持ちになりました」などなど
かなりご丁寧に。
あの時、脅迫までしてきたおじさんはさすがに電話に出なかったけど、
かなり反省してる様子でしたので、心の広い?私はおじさんのことも許してあげることにしました(笑

その子はとても人懐こく、遊びすきなのでよくみんなに遊んでコールをするらしいのです。
身体が大きいので小型犬の方には怖がられ、何度もトラブルを起こしてるらしい。。。たしかにあの子の身体には噛まれた傷がいくつもあった。
あの日、おじさんもそんな話をブツブツしてたのを思い出す。
そして何度かは、「警察に届ける」などといわれたこともあるそうだとか?
奥さんはそんないやな経験をし、小さい子がいる昼間はあまり遊びに出したくないと思ってたそうだ。

そんな中、あのようなトラブルが起き、
たまたまポポがいや〜!ってやったことにより、ケガをさせてしまった。
おじさんは、驚きのあまり自分がいつも言われてるように私たちに脅してきたのかもしれない。。。
大人のくせにとても悲しいことだけど、
いつもされてる自分がされて嫌だと思うことを人にも同じようにしてしまう。
まったく困ったもんだ。。。あきれてしまうけど。
今回のことでそのご夫婦は少しはわかってくれただろう。

とりあえず、私は自分の大事な娘(ポポ)がやってしまったことに対して
親として責任をとらなくてはならないし、
ハプニングとはいえ、ケガをさせてしまった相手の子のケガに対しても責任をとるのがあたり前だと思う。(費用がかかったのは不満ですが)

なんかこんなふうに書いてると、すっご〜くえらい人みたいだなあと自分でも思うけど、きっとみんな誰でもそうするでしょう。
ただ、時々、自分の子だけがかわいいと思う飼い主さん、
または人間の子でも同じだが、
なんでも相手のせいにするような勝手な人を時々みかける。
そんな人が少しでも減りますように。。。と
願うのであります。

とりあえず解決してよかったよかった。
DSCFeto1220.JPG

ニックネーム michirun at 10:28| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

昨日のポポ

夜になっても痛みがひどいのか。。。?
ごはんはまったく食べず、茹でた鶏肉を手で口元に持っていくが、
そっぽお向いてしまう。
「ぽぽちゃん、食べて。ほらおいしいよ〜おなかすいてるでしょ〜」
どんなに話かけても、うずくまったまま。
ちょっとでも手で身体をさわろうもんなら、
「きゃいーんっ!」って怖がって逃げる。
やはり、入院したことがトラウマになったのか?
お腹としっぽの傷も痛いが、心の傷が一番重症のようだ。

結局、寝る時も、一人子供部屋のベッドでうずくまったままポポは眠ってしまった。
夜中の2時半、ポポが私の足元に入ってきた。
辺りを見回してる、エトが私の隣で寝ている。
「ポポちゃん、こっちおいで、パパのとこにねんねしなさい。」
って声かけたらそ〜っと出て行ってしまった。
子供部屋へ行き、
「ポポちゃん、ここは寒いでしょ。。。一緒にねんねしようよ。。。」
ってなんとか説得したが、やはり、ちょっとでも身体に触れると怖がって丸く固まってしまうのです。
仕方なく、私は布団に戻って寝ました。
朝、ふと気づくとパパの布団の足元でポポが寝てる。。。ではないですか!
よかった〜

朝、ポポの好きなブロッコリーとお肉を少し、手であげてみた。
そっと。。。食べた、静かに食べた。
まだまだ動きは静かだが、少しずついつものポポに戻って来ました。
ニキのははさんも言ってました。
術後1,2日は食欲もないが、その後ハイパーになるって(笑
その言葉を聞き、少し安心したものの、
やはり昨日の時点では、全く食べないから夜病院に電話し、先生に相談した。
「帰り、ほんのわずかですが血便をした、その後家では、黄色い胃液をかなり大量に吐いたんです。。。」
って。明日も食欲がないようでしたら、点滴をうちましょう。って言われたけどよかった〜!
ご飯食べてくれるようになったよ!!
DSCF12212.JPG
今夜、ごはんもきちんと食べました。
しっぽもテーピングに血がにじんだままで痛々しいけど
短いながらにフリフリできるようになったし、
後は無事抜糸までゆっくり静養することだね。

避妊手術なんて本当に必要なのか?
わざわざ痛い思いしなくてもいいんじゃないか?
ポポの気持ちを考えないで勝手に手術していいのか?って
昨日は悩んだけど、ごめんね、ポポちゃん
心の傷が早く治ることを願います。

ニックネーム michirun at 20:56| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

ポポがおうちへ帰ってきました

朝一でお迎えにいこうかと思ったけど、
きっと混んでるだろう。と
10時半ころ病院へ行ってきた。
今日は、すっごく混んでいた。
受付でお会計を済ませ、先生がポポを連れてきてくれるのを待った。
ポポは元気かな?痛がってないかな?
この時間の長いこと、長いこと。。。
実際、40分くらい待った。
名前を呼ばれて、診察室に入っていくと、
ポポが髪を振り乱したように、ぼさぼさになっていた。
「ぽぽちゃ〜ん!」
私のほうは、ポポの元気な姿を前に、1日ぶりの感動のご対面で
じ〜んときて、胸が熱くなってるのに???
とてもクールな姿のポポ。
きっと私が置いていったとでも思ってるのか?
かなり凹んでいる様子だった。
しばらくして、だんだんホッとしたのか、
短くなってしまった包帯ぐるぐる巻きのしっぽをフリフリ、
顔をこすりつけて来てくれた。
「ぽぽちゃん、よかったよ、ああ無事でよかった。。。」

車の中ではエトもポポをずっと待っててくれた。
腹帯をしているポポの異変にすぐ気づいたエト。
すかさず、前の助手席にきて、
後ろの席全部をポポに譲ってくれた。
ポポは、窓から顔を出し、
「しゃばの空気はいいなあ。。。」
って感じかな(笑
帰って車から降りる時、だっこは出来ないので自分で飛び降りた。
傷に響いたらしく、「キャン!」とないた。
ポポ大丈夫?静かに歩こうね。

お腹だけならまだしも、しっぽは、テーピングから血がにじみ出ていて、痛々しい。
お水を飲んで、おしっこして、いつものソファーへそっと上がり、休んだ。
病院で朝、ごはんが出たそうだがやはり食べなかったらしい。
帰ったら少しあげてくださいといわれたが、
ドッグフードは食べないだろうと、大好きなジャーキーをあげた。
でも、いらない。。。ってそっぽを向いて寝てしまった。
エトにもジャーキーをあげた。エトはおいしそうに食べていた。
ポポの横に1本、ジャーキーが残ってる。
でも、エトは手をつけないでそのまま置いてある。
いつもだったら、ポポの分もサッと食べてしまうのに。
「エトちゃんはやさしいね、ほんといい子」
素晴らしい姉妹愛だ!!
エトに寄り添ってポポはねんねです。
DSCFpopojutugo.JPG
ニックネーム michirun at 14:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

ポポ、入院中

今朝、避妊手術のため、
2人を連れて病院へ。
電話で問い合わせたところ、
やはりヒート中はよした方がいいということで、
エトは来月に延期となった。
朝、ポポだけ連れて行こうと思い、リードをつけたら、
エトが我先に外に行こうとするので、
結局、2人を連れて病院へ。(エトはポポの応援団?!)
診察室で先生になんとかエトもできないでしょうか。。。って
わがまま言ってねばってみたが、
やはり危険を伴うということで、断念。
「ポポは1人でおとまりできるでしょうか?」
なんて過保護な心配をしたら、
「もしなんなら、夜お迎えに来てもらってもいいですよ」
とのこと。
でも、家で診るには私自身が心配なので、やはり明日お迎えに行くことにしました。
「ポポちゃん、大丈夫よ、明日すぐ迎えに行くからね」
後ろ髪ひかれる気持ちでポポを置いてきました。

先生と相談した結果、今回、ついでに曲がってるしっぽも切ってしまうことにした。
ポポは、赤ちゃんの頃、しっぽを折ってしまい、カギ状に曲がっているのです。その曲がったところにリードが引っかかったり、
ケージの柵のネットが引っかかったりし、血が出てしまったりして痛いらしく
普段からしっぽを気にして生活してます。
なぜか、自分で引っ掛けてもエトがやったと思い込み、
エトにむかって怒ったりするので。。。
今回、思い切って切ってしまう事にしました。

夕方、先生から手術が終わりましたと連絡を頂き、ホッとしています。
まだ、麻酔が効いてるそうでうつろな状態だそうです。
本当は、すぐにでも行ってあげたいけど、
そんなポポを見たら、私また泣いちゃいそうで。。。(頼りない母)
今夜は、先生にお任せすることにしました。
明日、朝一で迎えに行こう。
エトもポポがいなくて、さみしいらしくずっといじけて寝ています。
我が家はポポ&エトの2人がいないとダメなんですね。。。

ポポ、今ごろ何してるかな。。。
痛くて夜眠れなかったらどうしよう???
DSCFぽぽ12.JPG
ニックネーム michirun at 22:35| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

まさかのヒート?

DSCF1212eto.JPG
今度の火曜日にポポ&エトの
避妊手術病院の予約をいれてあります。
昨日、2人をシャンプーしたら。。。
???まさか???
エトの陰部が腫れている。
え〜!まさかヒート?
心配してたら、本日出血を発見。
2回目のヒートですバッド(下向き矢印)
前回も、はじめて避妊手術を予定した時、
直前にポポがヒートになったんだった。
なんて間が悪いんでしょう(*_*)
ヒート中はやはり手術できなんだろうなあ。。。
明日電話で聞いてみよう。
ニックネーム michirun at 19:10| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

エトがうちに来てちょうど2年

先日のことで少々へこんでいましたが、
今日12月12日はエトがうちに来てちょうど2年目の記念日!
ということで?
軽井沢にドライブ〜
お天気が心配でしたが。。。
こっちを出るときは、雨がぽつぽつ。
高速を降りたら、ラッキー曇りでした。
とりあえず、ドッグデプトに寄って、
軽くランチ〜
暖炉の前でぬくぬく
DSCF1212-1ddp.JPG

そしてお友達とランで大騒ぎ〜!!ダッシュ(走り出すさま)
DSCF1212-2.JPG
たのちいでちゅ〜(楽しいです〜)犬(笑)
DSCF1212-3.JPG
いっぱい走りまちゅ〜^^
DSCF1212-4.JPG

ポポはこの枯葉の山がお気に入り〜ダッシュ(走り出すさま)
DSCF1212-5.JPG
その後、ものすごい状態になったがく〜(落胆した顔)
その後アウトレットへお買い物
DSCF1212-6.JPG
ミカドコーヒーのモカソフトを
おいしい〜わーい(嬉しい顔)
DSCF1212-7.JPG
帰りは2人寄り添って。。。眠い(睡眠)
車の中でねんねです。
DSCF1212-9.JPG
夕方むこうを出て、夕飯までにはおうちに帰ってきました。
楽しかったね〜
ニックネーム michirun at 21:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

いやな思い。。。

昨日、買い物帰りにちょこっと寄ったランで、とてもいやな思いをした。
夕方だった為、そのランには誰もいなくって、
ポポ&エトの2人で楽しく遊んでいた。
そこへ、サルーキーを連れたおじさんがやってきた。
もちろん、犬(笑)うちの2人はうれしくって入り口までお出迎えに行き大歓迎!
私達はもう帰ろうと思っていたのだが、あんまり楽しそうだったからもうちょっと遊ばせてあげることに。

3人で楽しそうに走っていた。
しばらくして、ポポは休憩タイムにはいり、私の横にきて、楽しそうに走りまわる2人を眺めていた。
私もカメラを構えて。。。
すると、そのサルーキーの子がポポに
「遊ぼうよ〜」って近づいてきた。
ポポは、いやいや。。。ってその場から離れて行こうとした。
そのとき、そのこがちょっとしつこくお尻の辺りにクンクンしながら
遊ぼうコールでついて行ったら、ポポが怒った!
「ワン!!」
タイミングが悪く、その子の足に歯があたってしまったのだ。

もちろん、私はすぐ近くで一部始終を見ていた。
キャン!ってサルーキーの子は一声あげて、ちょっと離れた。

ポポにすぐリードをつけて、友達にまかせ、
私はすぐにその子のところへ行き、
「ごめんね、大丈夫?」
ケガはたいしたことなさそうだった。
私のところに甘えてきて、ペロペロしてくれてる。(とてもかわいい子)
よかった〜と内心思った瞬間、おじさんが
噛む犬なんかつれてくるんじゃないよ〜!まったく!!どこからきたんだよ!知らない顔だな!。。。
とブツブツ怒り出した。
「ごめんなさい、でもあの状態はけんかして噛んだというわけではないと思うんですが。。。」
などと話しても全然聞くミミもたず。。。
「心配だから病院いって治療してもらいましょう」
といっても、
「いいよ!もう帰るから!こんな噛む犬を連れてこられたら遊べないよ」
おじさんも驚いたのだと思うけど、
大型犬をかってる人ならもうちょっと犬のことわかって欲しいと思った。
おじさんは、そそくさと、ランから出て行ってしまった。

その後、私達もお水を飲ませて車に向かった。
すると、駐車場でそのおじさんが待ち伏せをしていた。
「おい!どうするんだよこの傷!
おい!噛む犬なんか連れ来て。。。慰謝料よこせ!金出せよ!」
とブツブツ言いながら付きまとってくる。

「はあ?!ちっ(怒った顔)
さすがに私も切れた!!
「だから、治療しに病院行きましょうっていってるじゃないですか!」
「いや、いいから金出せ!」
「なんでここでお金払わなくちゃいけないんですか?
私は、この子のが心配だから病院に行きましょうっていったんじゃないですか?」
「いや、病院はあとで行くからいい。。。(ブツブツ)」
これでは話にならないと、病院へ一緒に行くことになった。
帰りが遅くなると、家に電話をいれ、主人に電話口に出てもらうことにした。
すると、このおじさん、
「いや、いいよ、べつにだんなと話さなくたって。。。」
とオドオド。。。
結局、私達が女だったから甘く見てる様子。
結局、病院へ行き、治療をしてもらった。
かかりつけの病院へ行ったわりには、あまり通ってないらしく、
治療中も飼い主さんのくせに、イマイチ???って不自然な様子。
あんまりかわいそうだったから、私がその子の顔のところで
そっと押さえててあげて、
「大丈夫よ〜いいこね〜」とあやしてあげてた。
結局、傷の周りの毛を小さなかみそりで剃ってみると、
傷は思っていたより大きかった。
その傷を2針ぬうことになった。
とても痛々しく、もうやだ〜(悲しい顔)そのこには大変申し訳ないと心から思った。
ごめんね、痛い思いさせて。。。
と心から思った。

たしかに、ワンちゃんがけがをしてしまったから、
うちのポポがいけないのかもしれない、
ほんの一瞬のことでこんなに大変なことになってしまった。
でも、このおじさんの態度には納得がいかない。
大型犬を飼うからには、もっと理解して欲しい。
身体が大きいから遊びも激しいものになる。
以前、別のランでゴールデンの子が遊びに夢中になって私に激突してきた時、
私は吹っ飛んでしまった!そして、気づけば膝から血が。。。
打撲だって1週間くらい治らなかった。
でも、それはたんなるハプニング。
わざとじゃないし、ある意味、そこに立ってた私がいけない。
そんな風に理解しなくちゃいけないと思う。

小さいワンちゃんみたいに安易に育てられる物ではないと思う。
私も、うちの子は大丈夫。。。とへんに確信をもっていたことに反省している。
でも、世の中には自分の子だけがかわいい(大事)と思ってる愛犬家?が
まだまだいっぱいいるんだなあとしみじみ悲しい気持ちになった。

しばらくランへ行くのがちょっといやになってます。



ニックネーム michirun at 13:58| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする